あくねツーリングSTAYtion なは

あくねツーリングSTAYtion 基本データ

■料金…素泊まりで3000円程度
(ここまでに使った交通手段により変化)

基本はライダーハウスなので、一般の旅行者は一寸戸惑うかも。


■車両…寝台特急なはのB個室2人用(デュエット)
ほぼ原型通りだが、オーディオ設備は使えない。



■風呂…この近くには無い…

阿久根市内にも温泉はある、が徒歩客には厳しい。
事前に温泉に入ってからここに来よう。


■設備…リネン別料金。持っていなければ強制レンタル

掃除の手間を考えてか、個室内は飲食禁止。
リネンは別料金で、セットするのは結構面倒。
オレンジ鉄道の料金の高さも相まって、割安感はない。


■食事…基本的に外で。

阿久根市街に数件、寿司屋や居酒屋はあります。
でも事前に済ませてくるほうが無難です。


■トイレ、洗面所など…オリジナルの雰囲気が

車両のトイレは使用不可の模様。管理所で借りる?
車内の洗面所は原型をとどめてますが、綺麗かどうかは別。



総評→★★★

ライダーハウスとしてはすこぶる快適だが…
3つあるブルートレイン宿泊施設の中では、最も使いづらい感がある。
全てにおいて中途半端な感あり。

なはの車両は思い入れがあるだけに、
NPOでここまでやってくれるのは有難いものの、寄付のお願いが来る…

屋根も付けられず朽ちていく車体を見るのは残念。


詳しくは宿泊レポートを御覧ください。

意外と不便なアクセス

阿久根駅はかつては特急が1時間に1本はやってくる駅でしたが、
九州新幹線開業後は完全にローカル線の趣に。

しかもJRではなくなったので、青春18やゲキ★ヤス、
周遊きっぷなどのJR券では阿久根には来られなくなりました。



3セクの宿命により運賃はかなり高いので、
阿久根のブルートレインに泊まる為だけなら、
旅名人かオレンジぐるりん切符がないと、かなりの出費になります。



しかもこのあたりは特にこれといった観光スポットがありません
海水浴ができる阿久根大島、出水の鶴、あるいは天草への玄関口といったところ。

そういった事情により、なかなか足を運びづらいのが難点です。

どんな感じで泊まる?

阿久根駅を出てすぐ右に、なはの客車がとまっています。
迷うことは絶対にありません。



この隣に管理棟があるので、まずはここでチェックインします。
(現金は前払いです。)

管理棟には小さな畳敷きのスペースがあり、そこで飲食できます。
(客車内は飲食禁止)



リネンを受け取ったらいざ客室へ。
屋根がないので近くで見ると外観は結構痛んでますが、
客室内はほとんど昔のままになっています。
2人用個室を1人で使えるので、広いのは嬉しいです。


ムードは満点。あとはもう寝るだけ。
食堂もっロビーもなかった寝台特急なはそのものですw

もちろん動きませんが、窓からは阿久根駅のホームと列車が見えます。



チェックアウト時はリネンを管理棟に返すのみ。
まさに簡易宿泊所といった感じですね。

少ない人数で管理するために、いろいろと努力されているのでしょう。